「龍馬疾風録」公演内容をご紹介させていただきます。

こんばんは、樹咲です。

10月も半ばに差し掛かろうとしておりますが…先週の3連休ではなんと都内は最高気温32度を記録!でもその前には寒すぎてフリースを着こんだり毛布を出したり…

私たちは一体いつ衣替えをすればいいんだー!

と叫びたい気分でございます。

体調管理が本当に難しい毎日ですが、皆さんも風邪などひかれないよう十分気を付けてお過ごしくださいね。


さて、先日のお知らせにたくさんのRTやいいね、本当にありがとうございます!とても嬉しく思います!

(タグが 東京幕末GRAGEになっておりました…)

本日10月12日でございますが、参加させていただくイベント内容が現在も調整中とのことで情報公開を止められており、本日時点でも未だに場所も時間すらお伝え出来ず、本当に本当に心苦しく思います…。

そんな中でも「行きます!」とお声がけくださった皆さん、本当にありがとうございます。大変心強いです!

そして、行こうかな、と気にかけてくださっている皆さん。本当に本当にありがとうございます。
今回は無料のイベントになりますので、場所と時間をお知らせできる時点でご都合がつかれそうな方は、ぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね。


さて、日程も来月に迫っております中、「気になる!」という皆さんにお知らせできる情報は…ということで、今回は公演内容について紹介させていただきます。


『龍馬疾風録』は2018年6月9日に東京・阿佐ヶ谷で初公演いたしました幕末朗読劇となります。
阿佐ヶ谷では紙芝居・朗読劇合わせての公演となりましたが、今回の土佐公演では朗読劇本編のみとなります。

内容は…
坂本龍馬さんを主人公とした、幕末の人物が登場するオムニバス形式の物語。
勝海舟、西郷隆盛、武市半平太、桂小五郎、お龍、近藤勇…などなど、幕末人物13人を、樹咲リヨコと楠本剛の二人で演じます。

第一回公演では、ご覧いただいた皆様に「面白かった!」「とても楽しい気分で劇場を後にできた」「龍馬の人生がわかりやすかった!」などの感想をいただきました(^^)

60分という時間の中、朗読劇というスタイルで、幕末の世界へとお連れ致します。

今回はイベント催事で主催者ありの公演ということで、チケットを購入していただく必要はございません。


ご家族でも、恋人・お友達同士でも、お一人でも、龍馬さんや幕末がお好きな皆さん!
ぜひぜひ気軽にいらしてくださいね。


情報が公開になり次第、すぐにお知らせさせていただきます!宜しくお願いいたします。