東京幕末GARAGE土佐公演致します!

皆さんこんにちは!すっかり秋の空気ですね。


大変遅くなりましたが、やっと公演の日程と開催県だけお伝えできることとなりました!


「開催県…?」とお思いの皆さま…。

そうなんです、今回東京幕末GARAGEは初の地方公演をさせていただくことになりました。ありがとうございます…!

(そして、東京公演だと期待してくださっていた皆さん、すみません…(>人<)東京公演次回は、2019年、第一回と同じく初夏頃を予定しています!)


東京幕末GARAGE 土佐公演
『龍馬疾風録~我なすことはニッポンのせんたく也~』
高知県高知市内イベントにて

11月18日(日) 午前・午後各回1回ずつ公演
出演/楠本剛、樹咲リヨコ
ディレクター/安並正裕


なんと、本朗読劇の主人公・坂本龍馬さんの故郷、高知は土佐で決定いたしました!

このような機会をいただき、とても嬉しく思います…!


ん?タイトルが第一回公演の『維新疾風録』と似ている…?


そうなんです、今回公演する『龍馬疾風録』は土佐版。
…といっても、内容には大きく変更ございません。紙芝居を抜いた朗読劇本編を、会場に合わせ少しだけ再編集して公演させていただきます。

また、今回は高知市内でのイベント催事内での公演のため、入場無料でご覧いただくことができます。

ぜひお気軽に足を運んでいただけたら嬉しく思います。


さて…せっかくの県外公演、できる限り早く皆さんに詳細お伝えしたいのですが…(>_<)。
イベント内容現在調整中で情報公開が限られているため、現段階で当ユニットからお伝えできることが少なく本当に本当に申し訳ありません…!

特に遠方の皆さまにはご予定の調整がしにくい時期となってしまい、大変申し訳なく思います。


高知市は11月、坂本龍馬さんの生誕祭で賑わいます。
もしも今からでもご都合つかれるようでしたら、ぜひぜひ賑やかな11月を楽しみにお越しいただけたら大変嬉しく思います(*^人^*)

また、高知県内・市内にお住いの幕末ファンの皆さま、ひととき、朗読劇という幕末の世界にどうぞ触れにいらしてくださいませ…!


一部のみのお知らせという中途半端な状態で大変恐れ入りますが、この他情報公開できるタイミングになりましたらすぐにお知らせさせていただきます!

ぜひ、この後もチェックいただけましたら幸いです!