STAGE

東京幕末GARAGE 壱ノ段
『維新疾風録~我なす事は、ニッポンのせんたく也。~』

時は幕末。多くの志士たちが国の行く末を憂いて立ち上がった。
その一人、土佐を飛び出し、海の向こうに想いを馳せた坂本龍馬。
彼が駆け抜けたその軌跡、そして激動の時代をオムニバス形式で綴る痛快朗読時代劇。

2018年6月9日土曜日公演
朗読劇&紙芝居
昼の部 15時開場 / 15時30分開演
夜の部 18時開場 / 18時30分開演

<チケット> 一般 2,000円 / U-18 1,000円

場所:阿佐ヶ谷アートスペースプロット

昼・夜 2公演(各回公演内容は同じです) / 公演時間は休憩有90分を予定

阿佐ヶ谷アートスペースプロット

166-0004 杉並区阿佐ヶ谷南1-9-10

最寄駅

●JR中央線「阿佐ヶ谷」南口下車(土、日、祝日は停車しません)徒歩7分

●東京メトロ東西線「阿佐ヶ谷」南口下車・徒歩7分

●東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」下車・徒歩3分